女医とナース

サポート体制が充実した産婦人科へ行こう|赤ちゃんの為に

受けないといけない内診

カウンセリング

嫌だという女性が多い

婦人科は、女性特有の病気や妊娠などの結果を診断するクリニックになります。大阪にも、婦人科が多く存在しており、中には仕事帰りにも寄れるよう夜遅くまで診療時間を延ばしているところもあります。このようなことから、婦人科へ行く女性は多いというイメージがつくでしょう。しかし、大半の女性はピルの処方などで行くので婦人科の内診を受けるという女性は少ないと言われています。しかし、不調を感じたことで婦人科へ行った場合は内診しないと状況を医師は把握できません。そのため、内診するとなったら応じないといけないのですが、女性によっては内診を拒否する人もいます。大阪でも実際に多くて、問診で済ませられるように配慮した治療を行なっている婦人科も実は多いのです。

内診の必要性

婦人科で受ける内診は、あまりいいイメージがないことから拒否する人もいますが、ちゃんと診断するには必要なことになります。大阪の婦人科では、嫌だと思っている女性でも内診の必要性を理解してもらえるように医師がちゃんと説明してくれます。説明を受ければ、内診を受けたほうがいいというのがわかりますし、受けたことで今まで気付けなかった婦人科系の病気を発見することだってできます。それに、妊娠しているかの判断や子宮がんの検診も内診しないことにはわかりません。このように、内診の重要性を把握するということはとても大切なので、体に不調を感じているのなら内診を受けるという前提で行くようにしましょう。